SCIT(スキット; 社会認知と対人関係のトレーニング)を開始します

「社会認知機能」とは、対人関係やものごとの捉え方など社会生活を営む上で大切な機能ですが、精神疾患や発達特性からこの機能に障害が生じると社会生活に大きな困難が生じます。
SCIT(スキット)は、これまでなかった社会認知機能障害に対する最新の治療で、「場の空気が読めず、友達作りが苦手」「相手の感情を読み違えて失敗してしまう」といった対人関係上の問題を解決するための、グループで行うトレーニングプログラムです。作業療法士と臨床心理士がお手伝いをします。
5月から開始しますので、興味のある方は主治医までご相談下さい。