札幌駅近く北大前|精神科|心療内科|メンタルクリニック|デイケア・ショートケア|〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目1-13クレドメディカルビル3-4F|☎011-738-7171

クリニック紹介

ごあいさつ

 この度、平成26年5月7日より、「北大通こころのクリニック」を開院する運びとなりました。これまで長年培ってきた臨床経験と研究活動を活かし、地域の皆様に信頼される質の高い医療を提供するとともに、心に失調を来した方々が自分らしさを取り戻せるリカバリー(回復)のお手伝いが少しでも出来るよう務めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
当院では、最新の薬物療法と認知行動療法を基本とした心理療法を基本に据え、併設のデイケア・ショートケアで社会復帰、復職等を見据えた最新のリハビリテーションを用意しています。経験豊かなスタッフらとともに、「急がずに、休まずに」真のリカバリーを目指して参りましょう。

(院長 北川信樹)

院長略歴

【主な経歴】
北海道大学医学部医学科卒業、北大医学部附属病院にて研修
北海道立向陽ガ丘病院(網走市)医師
北海道大学病院精神科神経科医員、助教、病棟医長を経て
市立稚内病院精神神経科主任医長
北海道大学病院精神科助教復帰し、リハビリ医長、外来医長、北大精神医学講座医局長を歴任
2012年 北海道医療大学看護福祉学部、同大学院看護福祉学研究科教授
(兼任として札幌花園病院、札幌こころの森クリニック非常勤医師、NPO法人 北海道認知行動療法センター理事長)
2014年5月 北大通こころのクリニック開院

※各地保健所での心の健康相談業務の経験の他、現在は企業でのメンタルヘルス産業医、北海道大学医学部、北海道医療大学大学院、北海道教育大学大学院での非常勤講師も務めています。

※これまでうつ病、双極性障害、不安障害、摂食障害などの疾患を対象に、一貫して認知行動療法(個人および集団)や精神科リハビリテーションを初めとした心理社会療法に取り組み、年代も幅広く臨床研究を行ってきました(関連論文100編以上)。また、2006年には大学病院として初めてうつ病の復職支援(リワーク)プログラムを立ち上げ、その実践と効果研究を行いました。認知行動療法の研修・教育にも力を入れ、その目的でNPO法人北海道認知行動療法センターを主催しています。

【主な資格・学会・団体役員】
精神保健指定医(第10971号)
日本精神神経学会認定専門医・指導医
日本認知療法学会評議員
日本精神病理学会評議員
集団認知行動療法研究会世話人
NPO法人 北海道認知行動療法センター理事長など

【主な著書・訳書】
「精神疾患100の仮説(共著)」1998,星和書店(共著)
「拒食症サバイバルガイド」(金剛出版,2000)(分担訳)
「認知療法ケースブック(共著)」2002,星和書店(共著)
「呼吸の事典(共著)」2006,朝倉書店(共著)
「女性心身医学(共著)」2006,永井書店(共著)
「パーソナリティ障害の認知療法」(岩崎学術出版社,2011)(共著)
「さあ!やってみよう 集団認知行動療法-うつ・不安への支援のために-」(医学映像教育センター,2011)(共著)
「精神疾患と認知機能 最近の進歩」(新興医学出版社,2011)(共著)
「双極性障害の心理教育マニュアル」(医学書院,2012)(分担訳)
「双極性障害の認知行動療法」(岩崎学術出版,2012)(監訳)など